3DCG Blenderで実寸モデリング

3DCGのBlenderを使って、実寸(原寸)のサイズでモデリングをしていく設定やTipsの紹介をしていきます。プロダクトデザインや3Dプリント用のデータ作成にはかなり良いと思います。

よくある網網した有機的形状のモデリング(ボロノイ風)

タイトルだけでは全然わからないと思うので、サンプルを作ってみました↓

f:id:isopro:20170120130940p:plain

f:id:isopro:20170120130951p:plain

3Dプリントの出力品などでこういうネットみたいな、有機的形状のものありますよね。

それをBlenderで作る方法です。

3DCADだと、Rhinoceros+Grasshopper、あるいはTスプラインなどでこういうのを作ってる方もいますね。

使うのはスキンモディファイア

f:id:isopro:20170120131218p:plain

適当に枝分かれする辺を用意しました。これを元に肉付けしていきます。

モディファイア追加からスキンを選択します。

 

f:id:isopro:20170120131306p:plain

スキンモディファイアを追加すると辺を中心に肉付けがされます。

ですが、このままだと細すぎたり、あるいは太すぎたりする場合もあるのでスケール調整していきましょう。

 

f:id:isopro:20170120131346p:plain

頂点をすべて選択して、Ctrl + Aでスケール調整をすることができます。

 

f:id:isopro:20170120131413p:plain

また、一部の頂点だけを選択してスケール調整することもできます。

 

f:id:isopro:20170120131438p:plain

頂点を押し出して、新たに突起物を作ることもできますし、細分割曲面モディファイアを使えば滑らかな形状にすることができます。

こんな感じのことをして冒頭お見せしたような形状もつくることができます。(あれはグリッドを使って一気にやりました)

 

以上、スキンモディファイアを使った面白い形状の作り方でした。 

 

おすすめ本

キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.3 -Blenderでつくる、ポリゴンキャラクター - amazon

無料ではじめるBlender CGイラストテクニック  ~3DCGの考え方としくみがしっかりわかる - amazon