読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3DCG Blenderで実寸モデリング

3DCGのBlenderを使って、実寸(原寸)のサイズでモデリングをしていく設定やTipsの紹介をしていきます。プロダクトデザインや3Dプリント用のデータ作成にはかなり良いと思います。

クアッドボールの作り方

Tips

Blenderで四角形の面だけで構成された球の作り方を紹介します。

よくYoutubeにUPされている人間のスカルプト動画などを見ていると、顔の原形や身体の各パーツにクアッドボールが最初に使われていたりします。

クアッドボールは六面体からできる

f:id:isopro:20170118195143p:plain

クアッドボールは六面体を元にして作成することができます。まずは六面体を用意しましょう。

 

f:id:isopro:20170118195259p:plain

次に細分割曲面モディファイアを追加します。

 

f:id:isopro:20170118195322p:plain

追加するだけでクアッドボールはできますが、適用したほうが確実に使いやすくなるので、モディファイアを適用しましょう。

 

f:id:isopro:20170118195415p:plain

これで四角形の面だけで構成された球の完成です。

 

クアッドボールで顔の原形をつくる方法

f:id:isopro:20170118195450p:plain

作り方は簡単です。顎にあたる部分を突き出して細分割曲面モディファイアを追加するだけで顔の原形ができます。

ここからスカルプトで顔を彫り込んでいったりできます。

 

以上、クアッドボールの作り方でした。

 

参考にした動画

www.youtube.com

この動画ではローポリでキャラクターのモデリングをしています。

わたしも人型のキャラクターをモデリングしてみたいので、まずはローポリのモデリング方法を見て勉強しています。

 

おすすめ本

キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.3 -Blenderでつくる、ポリゴンキャラクター - amazon

無料ではじめるBlender CGイラストテクニック  ~3DCGの考え方としくみがしっかりわかる - amazon