3DCG Blenderで実寸モデリング

3DCGのBlenderを使って、実寸(原寸)のサイズでモデリングをしていく設定やTipsの紹介をしていきます。プロダクトデザインや3Dプリント用のデータ作成にはかなり良いと思います。

厚み付けや配列複製をした時、サイズが変わってしまった際の解決方法

メッシュに厚み付けモディファイアを追加して、1mm厚のソリッドにしたり…

配列複製モディファイアを追加して数を増やしたり、回転対称にしたときにサイズが変わってしまう現象が時々起きます。

複製の個数が増えるたびにサイズがどんどんでかくなったり…

そんな場合の解決方法を見ていきましょう。

1.解決方法は簡単

そのオブジェクトを選択してCtrl + Aを押して

拡大縮小を適用するだけです。

具体例を見たい方はこのまま下へ読み進めてください。

 

2.厚み付けの例

f:id:isopro:20170111194617p:plain

ただの平面メッシュに対して

モディファイア追加から厚み付けを選択して、厚さを1mmにした状態です。

ほんのちょっぴり厚さがついているんですが、これは1mmになっていません。

 

f:id:isopro:20170111194714p:plain

そういった場合は、そのオブジェクトを選択した状態のまま

Ctrl + Aを押して、拡大縮小をクリックします。

 

f:id:isopro:20170111194751p:plain

これできちんと1mmの厚さになりました。

 

3.配列複製の例

f:id:isopro:20170111194823p:plain

配列複製でこの現象が起きると、オブジェクトのスケールがおかしいことになります。

このままでは全く作業になりませんので、先ほどと同じ操作をしましょう。

 

f:id:isopro:20170111194932p:plain

厚み付けと同じように、オブジェクトを選択した状態でCtrl + Aです。

 

f:id:isopro:20170111194959p:plain

これで正しいサイズに直すことができました。

一度直せば、その後厚み付けや配列複製モディファイアを追加しても問題は生じなくなります。

以上です。

 

おすすめ本

キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.3 -Blenderでつくる、ポリゴンキャラクター - amazon

無料ではじめるBlender CGイラストテクニック  ~3DCGの考え方としくみがしっかりわかる - amazon